教職員

【現役教師が語る】中学校教師のやりがい【本音】

投稿日:

【ブラック企業?】中学校教師って大変じゃない?【中学校教師の実態】

今、中学校の教師になりたい人が少なくなってきています。

それがよく表れている現象が

『講師がみつからない』

ことです。


学校現場では、毎年、正式に採用された教諭だけではまかなえなくて

例年、教員免許状をもった人材を講師として採用しています。

ここ最近、講師の先生が見つからないという現象が起きています。

中学校だと、教科ごとに人材が必要となってきますので、さらに採用する人材を見つけるのが大変です。


これも世の中の情報に影響を受けているところが大きいと思います。

○教員は遅くまで仕事をして保護者からのクレーム対応も忙しい
○授業の準備をするだけでも大変で帰りが遅い
○部活動指導もあるから定時で帰れることはほぼない

こんなマイナスイメージが先行し、学生の間でも教師になりたいという人材が年々少なくなってきています。

そんな『中学校教師』の『やりがい』とは何か?

そのあたりについて深堀したいと思います。

【公務員の中で最強】教職という仕事は唯一無二の仕事【やりがい】

誰もが知っていることかもしれませんが、

教師という仕事は、公務員です。

厳密には『教育公務員』ということで、法律的にもその位置づけが他の公務員とは少し違っています。



私は、現役の中学校教師です。経験年数は20年以上です。

そんな私が、『中学校教師のやりがい』について語りたいと思います。

私は教師という仕事は唯一無二の最強の仕事だと感じています。

その理由は

『子供の成長を間近で見られる』

これが一番大きいです。


ですから、子供が成長する姿を見て「楽しい」「うれしい」と心から思える大人は教師に向いています。

しかも、毎年新しい中学生が次々と入学し、何十人、何百人、何千人の子ども達に色々と教えることができます。

これだけたくさんの子供たちと関われる仕事は教職以外はありません。

まさに唯一無二のような仕事であって、中学校教師のやりがいでもあります。

【思春期】中学生を指導する本当の魅力【真実】

では、中学生を指導する魅力とは何か?

ズバリ

『子どもから大人に変わる瞬間をともに過ごせることです』


親であれば、子供の成長を喜ばない親はいない。

それを自分の子どもでなくても、同じように成長を喜ぶことができる。

これが中学校教師のやりがい、魅力です。

中学生という思春期の時期であれば

○友達関係
○将来の夢
○自分らしさとは

などについて、悩む時期です。


そんな悩みを聴いてあげたり、仲間とともに試行錯誤しながら前に進もうとする姿を見たりできるのも中学校教師のやりがいです。

思春期だからこそ、甘えたいけど反発する。頭でわかっていても行動に起こせない。自分の人生について悩み始める。

心と体のアンバランス・・・。

時には停滞し、時には遠回りをし、それでも目標に向かって突き進む!

これが中学生の魅力です。

【教師も成長できる】”わくわく”しかない職業【これが中学校教師です】

教師という仕事は、子供たちにいろいろなことを教えます。

しかし、本当に教えられているのは教師自身なのです。

人は、先に生まれた人から学ぶのではありません。


成長している人から学ぶのです。




中学生は黙っていても身体的には成長します。

心だって思春期の時期に経験したことをもとに成熟していきます。

中学校の教師とは、教える立場にいる以上

子どもよりも成長していなければなりません。

そうでなければ、子供たちから見て教師は学ぶ対象にならないからです。


『人は成長している人から学ぶ』

のであれば、教師は生徒以上に学ぶべきなのです。

読書、講演会、動画・・・

多くの刺激を自らにインプットし生徒たちに還元するようにアウトプットする。

先が見えにくい世の中だからこそ、どんな考えで生きていくべきなのか。

たくさんの選択肢を与えられる教師になりたいですよね。

自分も生徒に負けないように勉強しようと思います。

ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

他の記事も読んでいただけるとありがたいです。

『学級経営』に関する記事はこちら

サイトマップへ

ホームへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教職員

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【新年度の準備】中学校の学級担任がやるべきこと④【○○とのコミュニケーションをとれ!】

Contents1 【中学校学級担任】なぜ仕事がはかどらないのだろう?2 【必読】同僚とのコミュニケーションをとるための3つのポイント【中学校】2.1 【ポイント①:相手を褒める】2.2 【ポイント② …

【職員室での人間関係】嫌われる行動ベスト3【教員同士】

Contents1 【職員室内】教職員の間にも合う・合わないがある【社会の縮図】2 【現場騒然】教職員、嫌われる行動ベスト3【解決方法あり】2.1 【第3位 自慢話をしてくる】2.2 【第2位 他人を …