学級経営

【新年度の準備】中学校の学級担任がやるべきこと③【生徒の○○○徴を把握しろ!】

投稿日:2020年6月9日 更新日:

【生徒の命を守る】中学校の学級担任がやるべきこと

春休み期間中,中学校では新年度の準備で大忙しです。

特に,新年度前は,生徒の情報をたくさん目にすることになります。

過去の人間関係,リーダー性,性格,学力,身体的な特徴

情報量がありすぎるため,全部に目を通していると

「この生徒はいったいどんな生徒なんだ?」

「問題児ばっかりじゃないか?このクラスは?」

と悪いほうに考えが及びがちです。

過去の情報というのはどちらかと言えば『ネガティブな情報』の方が多いものです。

したがって,情報を知れば知るほど不安になってくるものです。

【生徒の命を守る】中学校の学級担任が理解しておくべきこと

この記事は,新しい学校に赴任したばかりの先生や新1年生を担任する先生,他学年から入ってきた担任の先生にとって特に重要な内容となります。

新年度の準備で学級担任がやるべきことは,ずばり!

『生徒の身体的特徴を把握しろ!』

です。

正直,これだけをおさえておけばあとは生徒と実際に生活をともにしながら生徒を理解していけばいいのです。

しかし,生徒の身体的特徴についてはそうもいきません。

具体的に,生徒の身体的特徴とは何かというと

「慢性的な疾患」

です。

例えば

・アトピー性皮膚炎
・喘息
・てんかん
・糖尿病
・難聴
・色覚障がい
・アレルギー
・発達障がい

などです。

これらのことは,生徒の命に関わる重要な内容です。

例えば,アレルギー疾患を持っている生徒で,生徒本人がエピペンを所持していたとしましょう。

給食の後にその生徒が急にアレルギー性の発作を起こした時に,エピペンの場所や使い方について

事前に学級担任として理解しておかないと,一刻を争う事態で対応が遅れることにつながります。

また,発達障がいを持っている生徒がいた場合,ちょっとしたことで自分の気持ちをコントロールできずに

友達に危害を加える場合もあります。

事前にクールダウンさせる場所を用意しておけば大丈夫という情報があった場合,

学級担任として,何かあったらどこでクールダウンさせるか。

その場所の確保と周囲の先生方への周知を事前にやらなければなりません。

こういった環境を整えることで救われる生徒がいるということを忘れてはなりません。

そして,身体的な特徴については,生徒が登校する前に,つまり春休み中に教師間において

しっかりとした共通理解をもって対応しなければなりません。

【これだけは後回しにできない】生徒の身体的特徴を把握するワケとは?

人間関係で配慮する点やリーダー性などについては,その時の集団や担任の先生によって

態度を変えることもあるので,新学期が始まってからでも対処できます。

しかし,先に挙げた身体的特徴については,初めから学級担任が知っておかないと

いざというときに,対応を誤り大変な事故を引き起こす恐れがあります。

対応を誤り,事態を悪化させてしまえば,生徒を苦しめることになるし,保護者への説明も付かなくなります。

そういった意味でもこの時期は,養護教諭から出される情報についてよく耳を傾ける必要があります。

【焦点化】生徒の身体的特徴には最新の注意を払え!

年度初め,中学校では職員会議,現職委員会,生徒指導協議会,教科部会,学年会  等

会議,会議のオンパレードです。

話を聴いているだけで頭がおかしくなりそうです。

その中でも大切なのが,生徒指導協議会で行われる

『特愛生徒についての情報交換』

です。

自分の学級の生徒について理解するのはもちろん,

他学年の生徒の情報にも目を光らせる必要があります。

なぜなら,授業や部活動,委員会活動など,どこでその生徒と関わるかわからないからです。

ただ漠然と説明を聞き流すのではなく,

「もし,自分が担当している生徒に問題が発生したらどう対応すればよいか?」

という視点で会議のないように耳を傾けるべきなのです。

それが,生徒の命を守ることにつながるから・・・

サイトマップへ

ホームへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-学級経営
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【黄金の3日間】1日目の最後に担任がすべきこと【学級経営のコツ】

Contents1 【黄金の3日間】成功するか失敗するか?【ポイントは担任の意識】2 【黄金の3日間】3つのポイント!2.1 【黄金の3日間を生かすポイント①】○○をもって生徒に語り掛けろ!2.2 【 …

【学級担任】学級目標おすすめの活用の仕方【必見】

Contents1 【本音】本当は学級目標を活用したい【現実】2 【ポイント】大事なことは学級目標の言葉ではない!!3 【学級目標は生き物】子どもが変わるには○○感があるから4 【生徒観察】うまくいっ …

【向山型教え方】第5条所持物の原則【授業の腕をあげる法則】子どもを活動させるためには○○と○○と○を与えよ

【子どもを動かす】「やってごらんなさい」では子どもは動けない【注意】 「これから学年レクリエーションの準備を始めます みんなが楽しめるような内容を考えてもらいます。 初めは学級役員の人たちで相談し、そ …

The post 【向山型教え方】第5条所持物の原則【授業の腕をあげる法則】子どもを活動させるためには○○と○○と○を与えよ first appeared on わくわく担任塾.

Copyright © 2021 わくわく担任塾 All Rights Reserved.

【失敗談】学級のリーダーの育て方

Contents1 【担任の悩み】リーダーはどう育てれば…【本音】2 【成長のために】失敗から学ぶこと【最短】3 【やってはいけない】何もしないことが残酷なこと【リアルです】4 【私が学んだこと】リー …

【学級崩壊】兆候を表す3つの要因【生徒の反応編】

Contents1 【見えないところで進行中】何かしっくりこない【学級崩壊の兆候】2 【見逃し禁止】こんな生徒の反応は危険【3つの反応】2.1 【お願いしたときにネガティブな反応】2.2 【目が合った …

スポンサーリンク