授業

【授業改善のコツ!】授業は○○すればするほどわからなくなる【中学校教員】

投稿日:2020年6月18日 更新日:

【授業で勝負!】分かっていてもできない自分・・・

「せっかく説明しているのに,全然聞いてくれないんだよなー」

「一生懸命教えているのに,生徒が全然やる気がないんですよー」

職員室でよく見る光景です。

教師にとって授業は一番の力の見せ所。

『授業で勝負』と,先輩先生方から耳にタコができるくらい言われたものです。

その言葉は真理をついていて,

どんなに生徒指導で大変な生徒でも,授業で生徒をコントロールできる教師は

生徒から尊敬され,真の信頼関係が築けるのです。

ただ,口で言うほど授業で勝負するのは簡単なことではない。

私自身も過去に,上記のような職員室でのいわば教師の『愚痴』で

自分の力量のなさをごまかしてしました。

【授業改善のコツ】生徒が理解する3つの方法

私の経験上,生徒が理解を深めるのは,次の3つの方法があります。

①自分の実体験に基づいたもの
②自分の言葉でまとめたもの
③友達の意見

なのです。

この内容を意識して実践すれば本当の意味で『授業で勝負』できる教師になれます。

でも,

でも、それができない教師、少なくありません。

実は

『授業では説明をすればするほど,生徒はわからなくなる』

のです。

「えっ?」「どうして?」「だって,説明しなければわからないじゃないか?」

こういった声が聞こえてきそうですが,実はそうでもないのです。

誤解を恐れず言います。

教師とは,学生時代成績がよく勉強ができない生徒の気持ちがあまりわかりません。

中学校の先生の場合は自分の教科があります。

担当教科についても同じことが言えるはずです。

きっと,学生時代成績もよく,テストでも高得点を取っていたことでしょう。

そして,教師となって生徒に指導をする。

こうなるとどうしても無意識のうち『教師が上,生徒が下』という上下関係が授業の中でも出てしまうのです。

それが一番わかりやすく出てくるのが

『説明』

です。

教師は基本,『説明』が好きです。

つまり,しゃべるのが大好きなのです。

もっと言うと,「自分の説明は誰よりもわかりやすい」と思い込んでいるのです。

過去の私もそうでした。その当時は『教師の説明』で『生徒は理解する』と本気で思っていました。

しかし,生徒が理解をするのは,教師の説明ではないのです。

私の経験上,生徒が理解を深めるのは,次の3つの手段があります。

①自分の実体験に基づいたもの
②自分の言葉でまとめたもの
③友達の意見

なのです。

①と②は何となく理解できるかと思います。

生徒に限らず,自分で経験したことや自分でまとめたものは頭に入りやすいし記憶に残りやすいのです。

そして③の『生徒の意見』ですが,これは生徒ならではかな思います。

実際に授業をしてみて分かったのですが,同じ説明をするのに教師がするのと同級生,

つまり,友達が説明するのとでは,断然友達の説明の方が集中して聞くのです。

だから,授業においても教師が説明するのではなく,生徒自身に説明させるよう

授業の展開を工夫されている教師も多いと思います。

このように授業の中で『教師の説明』は生徒の理解を阻害するものです。

『説明は極力削る』が鉄則なのです。

では,どのくらい削ればよいのか?

【授業改善の方法】ポイントはCMです。

私はいつもこう考えて実践しています。

『教師の説明は15秒以内』 

これには根拠があります。

この15秒という時間はCM(コマーシャル)の時間と同じです。

CMとは毎日テレビで流れていて,意識していなくても見てしまうものです。

特に興味があるものばかり流れているわけでもないのに,何となく見てしまう。

つまり,15秒という時間は人間が何となく聞いたり見たりするのに耐えられる時間の単位なのです。

授業中の説明も15秒なら無意識に聞いてくれます。

これが20秒,30秒と長くなると,だんだん生徒の集中力は低下していきます。

では,どうすれば15秒以内で説明ができるようになるのか?

私は授業の準備段階で次の3つのことを実践しています。

①説明が必要なところを教科書にチェックする。

②説明に使う言葉を極力削る。

③タイムを測る。

①についてはどの教師もやっていることだと思います。

「この授業ではここだけは説明が必要だな」というところを厳選してチェックしておくのです。

②が一番難しいところです。

例えば,数学の1次関数の授業で変化の割合の授業を行った場合,

先生:「切片から右に1進むと,グラフは上に2進むでしょ」
先生:「ここから,また,右に1進むと,上に2進むでしょ」
先生:「次はどうなっている?右に1進むと?」

生徒:「上に2進む」

先生:「そうだよね。ずっとこうなってるの」
先生:「この2は変化の割合の2だよ」
先生:「なぜ変化の割合かというと,xの増加量が・・・」

と説明を続けていった結果,変化の割合とは何なのか?xの増加量とは何なのか?

分からないまま生徒の心は離れていってしまったのだ。

生徒にしてみれば「何言っているか,全然わからない」という状態だったに違いない。

先生:「切片に赤ペンの先を置きます。隣の人と確認。」
生徒:「できました!」
先生:「その点から右に1進みます。グラフは上と下どちらにありますか?」
生徒:「上にあります。」
先生:「いくつ上にありますか?」
生徒:「2です。」
先生:「では上に2進みます。1,2。ではその点から右に2進みます。今度は上にいくつ進めばよいですか?」
生徒:「4です。」
先生:「そうです。正解。では進んでみます。1,2,3,4。」

先生:「では切片に戻ります。隣と確認。」
生徒:「戻りました。」
先生:「その点から右に3進みます。今度は上に?」
生徒:「6つ進みます!」
先生:「正解。優秀です。」

このように,短い説明でテンポよく進めることで,苦手な生徒も安心してついてくることができます。

ところどころに「確認」が入っているのもポイントです。

そして,最後の③時間を測る。

これはそのままのことを実践すればよいのです。

説明のポイントと厳選した言葉を作ったら,実際にしゃべってみるのです。

ストップウォッチを使ってもいいし,近くの時計の秒針をみて測ってもいいし,

15秒以内でできる説明なのか最終チェックするのです。

【授業研究】教師のプロとして・・・

さあ,もう長々とした説明から卒業しましょう。

15秒以上の説明は生徒の心が離れると自覚しましょう。

授業の準備段階でいかに説明の言葉を削るか,ここに教師としてのプロの意識が凝縮されるのです。

ここまで記事を読んでいただいた方にはもうわかったと思います。

「せっかく説明しているのに,全然聞いてくれないんだよなー」

もし,こんな『愚痴』を職員室でもらしそうになったら思い出してください。

生徒が話を聞かないのは先生の説明が長いからである。

誰も先生の説明を聞きたいのではない。生徒は,自分で納得して理解したいのである。

サイトマップへ

ホームへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-授業
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【これだけはやってはいけない】失敗しないテスト計画の立て方【中学生向け】

Contents1 【なぜうまくいかないのか】テスト計画で成功しない・・・【悩み】2 【3つの”ない”】失敗する計画の立て方【これだけは避けよう】2.1 【失敗する立て方①】ゴールを決めない2.2 【 …

【だから私は授業で失敗した】いい先生でいようとした結果・・・【中学校教員】

Contents1 【学級崩壊,授業崩壊】こんな状況はもう末期状態2 【失敗例から学ぶ】生徒が生き生きと学ぶ授業の作り方3 【失敗から成功へ】4月に決まる主導権争い!4 【失敗例から成功例へ】失敗して …

【だから私は授業で失敗した!】一度した指示を○○しなかった・・・【中学校教員】

Contents1 【授業崩壊】最初はこんなはずじゃなかった・・・2 【必見】小さなことだからこそ○○を徹底させろ!【失敗談】3 【授業の鉄則】1つの指示に対して動きを1つに与える4 【失敗から学んだ …

【向山型教え方】第1条趣旨説明の原則【授業の腕を上げる法則】教師の指示の出し方~号令と命令の違い~

【悲劇】号令を多用する教師からは子どもが離れる 「勉強しなさい!」 「静かにしなさい!」 「ごみを拾いなさい!」 教師であれば誰しもが一度は言ったことがあるセリフだと思います。 このような指示を「号令 …

The post 【向山型】第1条趣旨説明の原則【授業原則十カ条】      教師の指示の出し方~号令と命令の違い~ first appeared on わくわく担任塾.

Copyright © 2021 わくわく担任塾 All Rights Reserved.

【担任が伝えるべきこと】中学校1年生の勉強方法【心構えを解説】

Contents1 【中1ギャップ】中学校の勉強についていけるのか?【不安】2 【最重要】勉強に対する心構えが大切【これが勉強方法のベースとなります】2.1 【『感謝』の気持ちをもって授業に臨む】2. …

スポンサーリンク