学級経営

【学級経営】生徒(子ども)との関わり方【心構え】

投稿日:

【教えて!】先生と生徒との距離感は?【悩み】

学級担任をしていると、いろいろな悩みが出てきます。

その中の一つに

『生徒との距離感』

があります。


特に、思春期となる中学生と関わる中学校の担任の先生にとっては

永遠の悩みかも知れません。

ここで言う距離感とは

『物理的な距離』ではなく

『精神的な距離』のことを指しています

「悩みをもっている生徒がいるけど、担任としてどこまで踏み込んでかかわっていったらいいのだろうか?」

担任を経験したことのある人だったら、一度は思うことではないでしょうか。

【根幹】生徒の立場に立って話を聞く【きれいごとでも大事】

【学級経営】中学校の学級集団づくりに欠かせない学級担任がやるべきこと【入門編】

この記事では、

担任として、生徒にどの程度の距離感で接していけばよいかということを紹介していきます。

この記事を読んでいただければ、生徒との関わり方についてのヒントを得られるはずです。

では、具体的に担任は生徒一人一人に対してどの程度関わっていけばよいのか?




結論から言うと

『100%全身全霊で関わっていく』

です。


つまり、その生徒が100%納得がいくまで関わっていくことが大切です。

逆に、30%、40%の表面的な関わりでその生徒が変わるということはあり得ないということです。

では、100%関わるとはどういうことか?

それは

相手の立場に立って話を聞くことです!

これは、決して生徒の言うことをすべて受け入れるということではありません。

○生徒の考えが間違っているのであれば「違う!」とか「甘い」とかを言ってあげる

○視野が狭くなっていれば、何か違う視点をヒントとして与える

○聞いてもらう相手がいなくて困っているような悩みであれば共感してあげる。または一緒に悩んであげる

このように担任が考えられるいろいろな考え方を総動員させて

目の前の生徒が成長するためにはどんなことが必要かということを

常に考えていく教師でありたいものです。

【残酷】子どもの気持ちはそう簡単には変わらない【事実】

【学級担任の視点】成功する生徒、失敗する生徒の見分け方【行動パターンあり】

ここで残念なお知らせがあります。

100%全身全霊で生徒と関わると言ってきましたが

そのようにしてもなお

生徒が100%変わるかというとその答えは『NO!』です。

人はちょっとアドバイスしたくらいで、ちょっと話を聞いてくれたくらいで

心が動くことはありません。


様々な悩みから生徒を動かしていくためには

「この先生は自分のこととか自分の感情とかそういったものを理解している人だ!」

と思ってもらう必要があります。


学級経営で、生徒との関係がうまくいかない教師の原因は

マウントを取りに行くことす。

つまり、アドバイスも論理的に相手を論破することが目標となってしまうことです。

「論理的に考えると、これはこうだからっこうでしょ、だからこうしてください、わかりましたか?」

このように、生徒が納得するかどうかではなく、教師が納得するかどうか、が指導のポイントとなってしまっています。



もし、そんなことで口げんかに勝ったとしても、その生徒の成長には1ミリも関われていないことがわかります。

○生徒と表面的な関係しか築けない!
○生徒の悪い面を指摘するだけになってしまう・・・
○つい生徒を論破してしまう・・・

こんな担任にはなりたくないものです。

【担任】鬼となり仏となる【自己満足で終わってはダメ】

【アドラー心理学】勇気づけを生かした学級経営【学級担任目線】

では、担任として生徒とどのような距離感で関わっていけばよいのか?

生徒の未来を考えてとるべき行動とはどんなことか?

それは「鬼となり仏となる」ことです。

本当に生徒のためを思うのであれば、担任は「鬼となり仏となる」覚悟が必要です。



例えば、もともと勉強が苦手だった生徒が、家庭学習をしっかりやるようになってきて、成績も徐々に伸びてきたとします。

その生徒が新たな課題にぶつかって「先生最近また、勉強が難しくなってきて勉強がはかどりません。」などと訴えてきたとします。

そこで、これまでのことを振り返りながら

「それくらいは出来なくてもいいよ!」

などと言ってはいけません。



担任は

その場は「ものわかりの良い担任」を演じる必要はありません。

それは、教師のためであって生徒のためにありません。

基準が低いところでできていても、その子のためにならない。

厳しいかもしれませんが、その時には「今までよく頑張ってきたね」と仏の顔を見せつつ、「もっと上を目指しなさい、あなたならできますよ」と鬼になって背中を押してあげあて欲しいのです。


その時に、これはその生徒が気に入らないから厳しいことを言うのではない

「本当にあなたの未来を明るくしたい」

この思いから言っているのだという心を持ちながら生徒の関係を築いていってほしいものです。

大切なことは

『担任の自己満足で終わることがなく、大切なのは生徒の未来だ』

という心構えです。


担任が「ここまでできればいいだろう」と思ったら生徒はそれ以上伸びません。

「鬼」と「仏」を上手に使い分けながら生徒と関わるべきです。

そうして日々の実践を積み重ねていくことで、生徒は次第に

「担任の先生のために、担任の期待に応えよう」と頑張るはずです。

○良く話を聞いて
○良い子とはほめ
○だめなことはだめとはっきり言う
○自己満足に陥らないように生徒の未来に焦点を当てる

これが、生徒との距離感をもった指導の在り方だと私は思っています。

ここまで記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。

この記事が、あなたの力となることを期待しています。

サイトマップへ

ホームへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-学級経営
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【信頼の意味】生徒との信頼関係を築く方法【明日から実践できます】

Contents1 【頼られる教師になりたい】生徒との本音を引き出すには?【悩み】2 【信用と信頼の違い】学級担任として生徒との向き合う姿勢【心に刻んでほしい内容です】2.1 【『信用』と『信頼』の意 …

【学級経営】学級担任のための生徒を伸ばすコミュニケーション術【3つのポイント】

Contents1 【スマホ時代の生徒】今教師に求められているのは?【価値観の違い】2 【学級経営】生徒を伸ばすコミュニケーション術【保存版】2.1 【生徒の関心事に関心を持つ】2.2 【生徒の課題と …

【新年度の準備】中学校の学級担任がやるべきこと③【生徒の○○○徴を把握しろ!】

Contents1 【生徒の命を守る】中学校の学級担任がやるべきこと2 【生徒の命を守る】中学校の学級担任が理解しておくべきこと3 【これだけは後回しにできない】生徒の身体的特徴を把握するワケとは?4 …

【教師もついやってしまう】『報酬で動かす』リーダーシップ【欠点】

Contents1 【イベント的】生徒のモチベーションを引き出す方法として【うまくいかない】2 【必読】『報酬で動かす』指導の欠点とは【一時的】3 【偽物の成功体験】結果至上主義は長続きしない【ポイン …

【向山型教え方】第1条趣旨説明の原則【授業の腕を上げる法則】教師の指示の出し方~号令と命令の違い~

【悲劇】号令を多用する教師からは子どもが離れる 「勉強しなさい!」 「静かにしなさい!」 「ごみを拾いなさい!」 教師であれば誰しもが一度は言ったことがあるセリフだと思います。 このような指示を「号令 …

The post 【向山型】第1条趣旨説明の原則【授業原則十カ条】      教師の指示の出し方~号令と命令の違い~ first appeared on わくわく担任塾.

Copyright © 2021 わくわく担任塾 All Rights Reserved.

スポンサーリンク