学級経営

【中学校の先生必見】席替えの方法とそのポイント【実体験】

投稿日:2020年5月29日 更新日:

【学級経営】席替えの悩み【いろいろあります】

みなさん,席替えってどんな風にしていますか?

または,席替えで過去にいろいろなトラブルになった経験はありませんか?

席替えを機に学級が崩れていくこともよくあることです。

小学校では,くじびき席替え,お見合い席替えなど様々な例がありますが,

ここでは中学校の先生をしてきた私の経験をもとに席替えの方法について提案させていただきます。

席替えを学級経営に生かしたい。

生徒の成長を育む機会にしたい。

そんな悩みにお答えします。

学級経営を考えた席替えの仕方【観察が大事】

結論から言います。どんな席替えの方法がいいか?

それは『先生が決める席替え』です。

では,具体的な方法とポイントを説明します。
まず,先生が決める席替えの方法として大切なことは
・隣に座る生徒の組み合わせを毎回変えること。
・前と後ろになる頻度を分散させること。
・身体的な配慮は事前に生徒に聞いておくこと。
・日直が一周したら機械的に席替えをすること。

このあたりはどの先生も意識して取り組んでいるかと思いますが,
問題はその後です。

中学生とはいえ,席替えは一つの大きな行事です。

席替えを機に様々な心境の変化が生まれます。

そこで担任として大切なことは,生徒の様子をよく観察することです。

席替えを機に生徒がどのように行動を変化させるか。これを意識してみることで

『生徒の心の変容をキャッチする力』

が身に付いてきます。

例えば,やんちゃな子の隣になってしまったおとなしいA子。

怖くて隣の子とうまくやっていけるか不安に思っていたとします。

そんな生徒の様子をじっと観察しているといろいろなことに気づきます。

「あ,隣になった子が嫌だって言ってたけど,授業中はちゃんと話し合い活動をしているな」
「班でノートを集める時にはきちんとコミュニケーションがとれているな」

逆にやんちゃな子に目を向けると

「A子が消しゴムを落とした時にさっと拾ってくれていたな」
「A子が教科書を忘れたとき,嫌な顔をせずに見せてあげていたな」

など,生徒の細かい変容に気づくことができます。

集団の中で子供は成長する。

まさに学校という集団で学ぶ価値がここにあるのだと私は信じています。。

席替えにも目的がある【学級経営の手段の1つです】

つまり,席替えは生徒にとって大きな行事である以上に

生徒の新たな良さを見つけるための素晴らしいツールでもあります。

先生が席替えを決めることによって生じるトラブルを避けたいと思う先生は消極的です。

席替えをして何も心が変わらない生徒はいない。

逆に席替えをより良い集団作りのための必需品ととらえて積極的に取り組もう。

サイトマップへ

ホームへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-学級経営
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【やってはいけない学級経営】学級崩壊を引き起こす5つのパターン【根拠あり】

Contents1 【学級経営の難しさ】なぜ、学級経営がうまくいかないのか?【悩み】2 【ダメな学級組織とは?】学級崩壊を引き起こす5つのパターン【実体験あり】2.1 【恐怖で人を動かす学級集団】2. …

【大久保寛司から学ぶ】学級経営の大切なこと・ポイント・コツ

Contents1 【この詩に出会って変わった】大久保寛司『心地よい職場』2 【大久保寛司氏の詩から学ぶ】学級経営で大切なこと3 【具体的な生徒の姿】よい学級とはこんなイメージ4 【学級経営の魅力】だ …

【担任の仕事】学級経営で大切な4つのこと【必修】

Contents1 【ブラック企業】世の中から見た教師の仕事【過酷】2 【根幹】学校の先生で大切な仕事とは?【最低限】2.1 【常に目標を意識させる力】2.2 【生徒を驚かせる力】2.3 【チームを作 …

【中学校】始業式までにする大切なこと【春休みの学級経営】

【子ども達に会う前に】もう学級開きは始まっている【教師がやるべきこと】 春休みに入り、どの学校でも来年度の校内人事が固まっている頃かと思います。 教室や職員室の異動を控え、心の中では 「来年度こそ、い …

The post 【中学校】始業式までにする大切なこと【春休みの学級経営】 first appeared on わくわく担任塾.

Copyright © 2021 わくわく担任塾 All Rights Reserved.

【学級担任の視点】成功する生徒、失敗する生徒の見分け方【行動パターンあり】

Contents1 【先輩から学ぶ】成功する生徒、失敗する生徒の違い【生徒理解】2 【アドラー心理学】自分の未来は自分で決める【自己決定論】3 【誰にも変えることはできない】水の流れの原理原則【例外な …

スポンサーリンク