学年の仕事 学級経営

【クラス替え】友達関係を把握する意外なポイントと決め方【中2編】学校生活以外に盲点があった

投稿日:

【重要】クラス替えのポイントは友達関係である【配慮】

クラス替えを考えるうえで大切なポイントが友達関係である。

教師は、子どもの友達関係をできる限り詳しく把握し、クラス替えに反映させる必要があります。

しかし、中学校のクラス替えの場合はその友達関係の把握が難しいのです。

その理由は、教科担任制だからです。


小学校の場合は、担任がほとんどすべての授業を担当し、子どもの様子をずっと見ていられます。

その分、友達関係をより深く把握することができます。

教科担任制の中学校の場合は、1日の中で自分のクラスの子ども達と過ごす時間は極端に少ない。


その上で、子ども達の人間関係を把握するためにはどうすればよいのか?

そのポイントは、実は、学校生活外にあったのです。

【意外】友達関係を見抜くポイントは学校生活にはなかった【真実】

この記事では、中学校のクラス替えにおいて、子ども達の人間関係をつかむためのポイントを紹介します。

特に、中学2年生時に行うクラス替えの参考になるような内容をお届けします。

このポイントを押させたうえでクラス替えを行えば、友達関係で学級集団が大崩れすることが防げます。

では、結論から言うと

登下校時に誰と一緒にいるかを把握する

ことです。

中学校の教師は、子どもが登下校時に誰と一緒にいるのかを可能な限り把握するべきです。

登下校時の人間関係をクラス替えに反映させることが、友達関係で大きなトラブルを防ぐポイントです。

【最悪】クラス替えでやってはいけない方法【中学生編】学級崩壊やぼっちを生む悪手とは?

【本能】本当の友達とは自由な時間を共にする【真実】

では、なぜ登下校の時間が友達関係把握するのに有効なのか?

それは

子どもというのは自分の自由な時間は一番心を許せる友達と一緒に過ごしたいと思う

からです。


子どもにとって一番自由な時間は休日です。

しかし、教師は休日の子どもの生活を把握するのは難しいです。

かといって、学校生活は常に時間や環境に縛られた空間なので自由な時間はあまりないのが実情です。


そこで盲点になってくるのが、登下校の時間です。


登下校はある程度子ども達の自由な時間です。

小学校が違う友達とは一緒に行動することはできませんが、同じ地区における人間関係を知るためには有効な場面である。

趣味の話、学校の話、テレビの話、推しの話・・・いろいろな話を共有できる貴重な時間です。

この時間を共有したいと思う相手が、本当に心を許す友達だということです。

それが登下校の時間なのです。

【中学校のクラス替えの決め方】クラス替えの基準とは?【中2編】

【担任】教師は昇降口で情報収集すべし【観察】

ここまで、クラス替えにおいて、子どもの友達関係を把握するためには登下校の時間を見よ!という話をしてきました。

では、具体的に今日はどのような行動を取ればよいのかを紹介します。

ポイントは『昇降口』です。

実際に、教師が通学路にいて子どもの様子を観察するわけにはいきません。

そこまでしなくても、昇降口にいるだけで大体の友達関係は分かります。

朝や帰りの時間にちょっと昇降口に足を運んでみましょう。

・いつも一緒にいる友達はだれか?
・いつもと違う友達といることはないか?
・あいさつを交わす友達はだれか?
・急にひとりぼっちになっている子どもはいないか?
・いつもと違う時間帯にくる子どもはいないか?

など、子どものいろいろな様子が見て取れます。

子どもにとって友達関係は学校生活の基盤です。

友達関係が良好なら、多少の困難は乗り越えられます。

しかし、友達関係がぎくしゃくしていると、いつも我慢できることが我慢できなくなったり、いつもできていることができなくなったりするものです。

クラス替えというのは、一度やってしまえば1年間は変えることができません。

その時に大きな間違えをしないためにも子供の友達関係をしっかりと把握してほしいです。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

【中学校のクラス替えの決め方】クラス替えの基準とは?【中1編】

サイトマップへ

ホームへ

The post 【クラス替え】友達関係を把握する意外なポイントと決め方【中2編】学校生活以外に盲点があった first appeared on わくわく担任塾.

Copyright © 2022 わくわく担任塾 All Rights Reserved.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-学年の仕事, 学級経営
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【学級経営】一にも二にも生徒観察!【大切なこと】

Contents1 【学級づくり】だんだん生徒を掌握できなくなる【うまくいかない】2 【学級経営】生徒が担任の話に注目してくれる【魔法】3 【基本】学級は自分の家【居場所です】4 【まず行動すること】 …

【学級経営】担任がやるべき大切なこと【生徒観察編】

Contents1 【生徒観察】生徒の悪いところばかり見えてしまう【無意識】2 【楽しく観察】生徒が安心して学校生活を送ることができる【意識するだけではダメ】3 【生徒理解】見てもらっているという感覚 …

【新学期】人間関係の不安を解消するクラス替えの方法【中1編】○○○の先生の意見を無視してはいけない

【中1】クラス替えの難しさ【不安だらけ】 春休み、中学校の先生方の大きな仕事の1つにクラス替えがあります。 特に、新入生のクラス替えほど難しいものはありません。 なぜなら、情報が少ないからです。 生徒 …

The post 【新学期】人間関係の不安を解消するクラス替えの方法【中1編】○○○の先生の意見を無視してはいけない first appeared on わくわく担任塾.

Copyright © 2022 わくわく担任塾 All Rights Reserved.

【学級経営】中学校の学級集団づくりに欠かせない学級担任がやるべきこと【入門編】

Contents1 【学級経営】学級集団づくりのゴールとは何か?【目標】2 【学級集団づくり】生徒を育てるために必要な2つのこと【人材育成の極意】2.1 【①適切な目標を与えること】2.2 【②目標達 …

【新年度の準備】学級担任がすべきこと①【教室を○○○○にする!】

Contents1 【新年度】学級担任の不安とは?新年度のスタートで大切なこと2 【新年度の準備】教室を○○○○にする!3 【なるほど】教室をピカピカにする科学的根拠!4 【実践】明日から教室をピカピ …

スポンサーリンク